ブログ

「咲洲高校を守る会」が結成されました

9月23日、咲洲高校を守る会が結成されました。
高校のPTA、卒業生、教職員、地元住民の方が参加され、参加者の総意で会の結成となりました。
9月3日、職員や生徒、保護者に説明や意見が聞かれることもなく突然、大阪府教育委員会が、昨年府教委が策定した再編整備計画をもとに、来年度から咲洲高校と池田北高校の募集を停止し、18年度で廃校にする案を発表。

このことに対して、「納得ができない」「何か行動をしたい」と立場の違いをこえてさまざまな方が集まりました。

卒業生からは「中学不登校だった私を、何度も先生が足を運んでくれて、学校に行くようになり、友達もでき卒業することができ、大学までいくことができた。今の自分があるのは、咲洲高校があったから。この話を聞いたとき、仕方ないかと思ったけど、何もしないままいるのはいやだと思い今日は参加しました」

地元住民の方からは「ポートタウンは、小学校、中学校、高校、大学まであるのが自慢。今、街が高齢化していて、どうやって若い人を呼び戻すか議論をしている。そんなときに高校なくすのはおかしい」

最後に、
1つ、11月初旬までに、廃止の撤回を求める請願署名にとりくむ
2つ、大阪府庁のHPに意見のメールをおくる

行動が提起されました。府庁への意見は毎月意見が発表されることになっていて、普段はおおくて数百件、それが数万の規模になれば大変大きな影響を与えるとの事です
http://www.pref.osaka.lg.jp/fumin/fusei_iken/uketuke.html

府立池田北高校・咲洲高校の廃校計画撤回を求める請願書