ブログ

市民の会が付帯決議違反の募集要項の撤回・見直しを求める集会を開催

 住吉市民病院を充実させる市民の会が、⒑月18日「付帯決議違反の募集要項は撤回・見直しを!」たたかいはこれから!怒りの抗議集会を開催し66人が参加。私は、司会を務めました。
 日本共産党大阪市会議員団団長の北山議員が、この間の議会での議論や今回、市民病院用地への民間病院誘致の再公募の要項の問題点を明らかにしました。
 市長がとにかく、今年中に民間病院を決定し、住吉市民病院の廃止統合をすすめるための予算を市議会で通させるために、前回の募集要項から大幅に後退するものになっていることが明らかになりました。

 しかし、北山氏は、民間病院誘致にはこえなければいけないハードルはたくさんあることを示し、とくに病院をあらたにつくったり減らしたりするには、整備計画をつくり、府の医療審議会というところで審議がされ、計画書が厚生労働省に認められなければならない。そして、その審議会には多くの医師会からメンバーが選ばれており、医師会の理解を得る必要があり、現在、住之江区の医師会は、いい加減な民間病院では認めることはできないと表明していることを指摘しました。
 そして、いいかげんな病院では、許さないという世論と運動を地域住民の皆さんのなかに広げる重要性を訴えました。

 住之江市民の会の松本やすひろさんからは、この募集要項の問題点をしてきしたビラが紹介され、募集要項の見直し・撤回を求める要望署名に取り組むことが提起されました。

 参加者からは「橋下市長の約束違反は許せない。病院は減らすのではなく増やすべきだ。高速道路の建設をやめれば十分できる」「この問題はもう終わったと思っていたが、北山さんのお話を聞いて光明が見えた」「今回提起された署名を広げていきたい」と積極的な交流がされました。

 詳しくは、松本やすひろブログにも紹介されますので、ぜひご覧ください。
抗議集会2抗議集会
橋下市長への要望署名