ポートタウンのみなさん、「市民アンケート」へのご協力本当にありがとうございました。

日本共産党住之江区委員会は、この間、ポートタウンの皆さんに、「市民アンケート」のご協力をお願いしてきました。大きなご協力があり118人の皆さんよりアンケートを頂きました。本当にありがとうございます。

私たちは、お一人お一人から頂いたアンケートの回答や記述爛に書いていただいた願いを真摯に向き合い、今後の活動に生かし、皆さんの願いや思いを行政に届け、要求実現の取り組みをさらに進めていく決意です。

以下は、つじい大介市政対策委員長と松本やすひろ府政対策委員長のお礼と決意です。

 

松本やすひろです。「市民アンケート」へのご協力、本当にありがとうございました。

「くらしが厳しくなった」という方が80%をこえ、「このままでは首をくくらないといけない」「食費も削って節約している」など、国民の暮らしをよくしていくのが政治の役割なのに、生活を壊す政治になっていることを示す結果でした。消費税増税、若者も高齢者も希望をもっていきていけるような大阪府めざして、みなさんから寄せられた声をしっかり府政に届け、悪政と対決し対案を示し、区民のみなさんと力をあわせて政治を変えていくために頑張りたいです。

 

つじい大介です。「市民アンケート」へのご協力、本当にありがとうございました。

消費税の増税や物価の高騰により生活が大変厳しくなっていることや将来への不安の声が寄せられ、国政や市政への怒りや今の政治を変えてほしいという強いエネルギーを感じました。「反対だけではなく対案をしめしてほしい」という声もよせられているので、皆さんの声に耳をかたむけ、希望ある街づくりを提案していきたいです。

 

以下は、みなさんから寄せられたアンケートを集計したものをグラフにしました。ぜひご覧下さい。

●性別(男55人、女40人)

市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image001              

 

●年齢(20代2人、30代6人、40代4人、50代17人、60代25人、70代30人、80代以上8人)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image003

●仕事(正社員11人、公務員3人、パート・アルバイト15人、自営業6人、年金生活者35人、主婦17人、その他5人)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image005

1、くらし向きについてお尋ねします。

(1)ここ数年でくらし向きはどう変わりましたか。

(厳しくなった88人、楽になった5人、変わらない15人)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image009

(2)きびしくなったと答えた方に理由をお聞きします(複数回答可)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image011

2、あなたのお考えにあてはまるところに〇をつけてください。

1)消費税10%への引き上げについて

(賛成9、どちらかといえば賛成14、反対68、どちらかといえば反対14、わからない2)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image013

 

2)集団的自衛権の行使容認について

(賛成9、どちらかといえば賛成14、反対68、どちらかといえば反対14、わからない2)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image015

3)原発再稼働や輸出の推進について

(賛成15、どちらかといえば賛成12、反対62、どちらかといえば反対10、わからない8)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image017

 

4)沖縄・辺野古の新基地建設について

(賛成18、どちらかといえば賛成16、反対40、どちらかといえば反対7、わからない26)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image019

 

5)派遣労働の無制限の拡大について

(賛成5、どちらかといえば賛成6、反対57、どちらかといえば反対15、わからない22)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image020

 

6)大阪・湾岸地域でのカジノ建設について

(賛成14、どちらかといえば賛成19、反対67、どちらかといえば反対12、わからない5)

市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image023

 

7)市営地下鉄・市バスの民営化について

(賛成26、どちらかといえば賛成11、反対65、どちらかといえば反対4、わからない5)

 市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image024

 

3、橋下市長や松井知事がすすめる「大阪都構想」について、どう思いますか。

(賛成13、どちらかといえば賛成11、反対53、どちらかといえば反対6、わからない22)

市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image027

 

4、国、大阪府、大阪市に優先的に取り組んでほしい施策についてお聞きします。

市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image029

(グラフをクリックで拡大) 

 

6、あなたがポートタウンのまちづくりに関して望むことは何ですか(5つまで)。 

市民アンケート項目別集計表(その他)_9813_image031

(グラフをクリックで拡大)  

 

以上が皆さんのから頂いた返答の集計です。

また、記述欄にも多くの具体的な要望やご意見を頂きました。

ご協力いただいた、皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

住之江区のみなさん、「市民アンケート」へのご協力本当にありがとうございました。

日本共産党住之江区委員会は、この間、住之江区の皆さんに、「市民アンケート」のご協力をお願いしてきました。大きなご協力があり555人の皆さんよりアンケートを頂きました。本当にありがとうございます。

私たちは、お一人お一人から頂いたアンケートの回答や記述爛に書いていただいた願いを真摯に向き合い、今後の活動に生かし、皆さんの願いや思いを行政に届け、要求実現の取り組みをさらに進めていく決意です。

以下は、つじい大介市政対策委員長と松本やすひろ府政対策委員長のお礼と決意です。

 

松本やすひろです。「市民アンケート」へのご協力、本当にありがとうございました。

「くらしが厳しくなった」という方が80%をこえ、「このままでは首をくくらないといけない」「食費も削って節約している」など、国民の暮らしをよくしていくのが政治の役割なのに、生活を壊す政治になっていることを示す結果でした。消費税増税、若者も高齢者も希望をもっていきていけるような大阪府めざします。住吉市民病院の存続など、みなさんから寄せられた声をしっかり府政に届け、悪政と対決し対案を示し、区民のみなさんと力をあわせて政治を変えていくために頑張りたいです。

つじい大介です。「市民アンケート」へのご協力、本当にありがとうございました。

消費税の増税や物価の高騰により生活が大変厳しくなっていることや将来への不安の声が寄せられ、国政や市政への怒りや今の政治を変えてほしいという強いエネルギーを感じました。「反対だけではなく対案をしめしてほしい」という声もよせられているので、皆さんの声に耳をかたむけ、希望ある街づくりを提案していきたいです。

  

以下は、みなさんから寄せられたアンケートを集計したものをグラフにしました。ぜひご覧下さい。

●性別(男252人、女230人)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image001

●年齢(20代10人、30代15人、40代32人、50代46人、60代127人、70代181人、80代以上60人)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image003

●仕事(正社員44人、公務員5人、パート・アルバイト48人、自営業34人、年金生活者240人、主婦61人、その他59人)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image007

1、くらし向きについてお尋ねします。

(1)ここ数年でくらし向きはどう変わりましたか。

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image009

(2)きびしくなったと答えた方に理由をお聞きします(複数回答可)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image011

2、あなたのお考えにあてはまるところに〇をつけてください。

1)消費税10%への引き上げについて

 (賛成15、どちらかといえば賛成34、反対418、どちらかといえば反対62、わからない14)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image013

 

2)集団的自衛権の行使容認について

(賛成46、どちらかといえば賛成59、反対256、どちらかといえば反対53、わからない89)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image015

3)原発再稼働や輸出の推進について

(賛成35、どちらかといえば賛成59、反対256、どちらかといえば反対80、わからない58)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image017

 

4)沖縄・辺野古の新基地建設について

(賛成47、どちらかといえば賛成60、反対175、どちらかといえば反対68、わからない112)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image019

 

5)派遣労働の無制限の拡大について

(賛成15、どちらかといえば賛成30、反対271、どちらかといえば反対56、わからない96)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image021

 

6)大阪・湾岸地域でのカジノ建設について

(賛成58、どちらかといえば賛成44、反対353、どちらかといえば反対34、わからない29)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image023

 

7)市営地下鉄・市バスの民営化について

(賛成71、どちらかといえば賛成47、反対319、どちらかといえば反対43、わからない51)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image025

 

3、橋下市長や松井知事がすすめる「大阪都構想」について、どう思いますか。

(賛成44、どちらかといえば賛成33、反対298、どちらかといえば反対56、わからない96)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image027

 

4、国、大阪府、大阪市に優先的に取り組んでほしい施策についてお聞きします。

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image029

 

5、住吉市民病院について

(1)市民病院跡地への民間病院の再公募が計画されています。市長は医療水準を引き下げて再公募しようとしています。どう思いますか。

(賛成57、反対303、わからない144)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image031

 

(2)民間病院の誘致の再公募でも事業者が決定しなかった場合、どうすればいいと思いますか。

(住吉市民病院を継続させて現地で建て替える401、民間病院誘致を継続59、わからない47)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image033

 

6、市バス路線の変更、赤バスの廃止により不便になったとの声を聞きますが、あなたのくらしには影響はありますか。

(代替策を講じて欲しい214、仕方ない57、利用していない221、その他34)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image035

 

7、敬老パス(敬老優待乗車証)が有料化され、さらに利用の都度50円の利用料の支払いが必要となりましたが、このことにより、どのような影響がありますか。

(回数を減らした141、変わらない77、利用をやめた63、外出を控えるようになった125、その他112)

市民アンケート項目別集計表(その他)_31565_image036

 

以上です。ご協力いただいた、皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

議会傍聴

6日、大阪市会、常任委員会・民生保健委員会を直接傍聴。日本共産党北山市会議員(西淀川選出)が住吉市民病院について橋下市長に質疑。
前回の委員会の質疑で、市長の答弁で(仮称)母子医療センターの予算が議会で通らないことをあげて、野党会派の妨害によって空白が生まれている趣旨の発言してたいました。そのため、北山議員は、あらためて母子医療センターの建設と市民病院跡地に誘致される民間病院の計画がセットであることをあらためて確認。そして、民間病院の計画が明らかにならなければ、仮に母子センターの予算が通っていても建設はすすめられないことをはっきりさせ、そのことは市長も認めざるおえませんでした。
また、北山議員は、現在の住吉市民病院院長に面談したことを報告。「来年の閉院が決まっている。今は、目の前の患者さんに迷惑がかからないように次の病院を紹介するなど目の前のことでいっぱいで、先のことは考えられない。閉院をむかえ離職希望者も増えている。市の方針に従って今は全力をつくす。市が方針を変え、閉院の時期を変更するならば、そのために人材確保を含めて全力をあげる」との院長の思いを紹介しました。

最後に、民間病院の誘致、母子センターの建設、どちらも物理的に来年3月には間に合わない。あらためて空白を絶対につくらないという一点で、住吉市民病院の閉院の時期の延期の検討を求めました。

 住吉市民病院院長のお話は、目の前の患者さんのことを思う姿勢を感じることができ感動しました。その思いに応えるためにも市長には賢明な判断をしていただきたいと思いました。

 私たちは、ひきつづき地域で「閉院の時期の見直しを求める」陳情署名を一筆でも多く議会へ届けていきたいと思います。3月11日が最終の提出日です。

 傍聴前には、陳情署名を提出。現在6000筆を越えています。引き続きのご協力を御願いします。
署名提出3月

1000回スポット宣伝にチャレンジ!

宣伝

2月15日の事務所開きから、日本共産党の政策とつじい大介の政治を変えたい思いを全有権者の皆さんへ訴えるべく、4月3日の告示日まで1000回スポット宣伝にチャレンジしています。3月3日までで250回に到達しています。

これまで聞いてきた皆さんの声をまっすぐ議会へ届けたい思いや若者の雇用問題や住吉市民病院の問題を中心に訴えています。

また、大阪市廃止分割構想、いわゆる大阪都構想についても、大阪市が廃止されて特別区になると市民生活にどのような影響があるのか具体的なお話をしています。

権限や財源が大阪府に吸い上げられてしまい、半人前の自治体になれば、住民の皆さんの声が届かなくなるし、声が届いても願いに応えることができなくなることも訴えています。

地道な活動ですが、激励の声をかけていただいたり、また日本共産党への意見もよせていただきやりがいのある活動です。

街で見かけたら気軽に「大ちゃん」と声をかけてください。

カジノ問題懇談会に200人が参加

カジノ問題懇談会

2カジノ問題懇談会

カジノ問題懇談会3

報告が遅れましたが、20日に開催したカジノ問題懇談会に200人が参加し、遠方からの参加もあり本当にありがとうございました。
私は、20日までの1週間、会場になりました南港ポートタウン支部の皆さんと懇談会の御案内や申し入れ、宣伝活動に連日取り組みました。。

印象的だったのは、この取り組み成功へ集会を開いたときに、参加された方の多くが、自分自身や身近な人にギャンブルで財産を失った方や家族がバラバラになってしまったなどの経験が交流され、すでに日本がギャンブル大国であり、それによって苦しめられている方がたくさんいるということです。

宣伝活動では、ビラの受け取りもよく、カジノ問題に対する関心の高さや共産党への期待を感じることもできました。

大門議員の報告では、地域のカジノ・賭博解禁反対の運動と日本共産党の国会での追及により、カジノ・賭博推進派が追い詰めていることを報告。
この大阪でのカジノ誘致を必ずつぶしてほしいと、力強く訴えられました。

引き続き、住民の皆さんの声を聞きながら、よりよい街づくりすすめていきたいです。

カジノ問題懇談会

SKM_C224e15012618030_0001
日本共産党木津川南地区委員会主催で「カジノ問題懇談会」が開催されます。橋下市長や松井知事が、大阪経済の成長戦略としてすすめている「カジノ誘致」。本当にカジノを中心としたIR(統合型リゾート)が大阪の経済を立て直し、地域の活性化につながるのか、賛成の方も反対の方も一緒に皆さんで考える機会にしたいです。
 基調講演には、参議院議員の大門みきしさんがお話します。個人的に、大門さんのお話を聞けるのは大変楽しみです。ぜひ、気軽にご参加ください。

Page 5 of 9« First...34567...Last »