ブログ

日本共産党を知る集い

後援会会員の方のお宅をかりて、「日本共産党を知る集い」を開きました。

最初に、7月に開かれた「日本共産党96周年記念講演ダイジェスト」をみんなで視聴し、交流しました。

交流では、地域の要求から税金の使い方、子どもや孫の話まで大変盛り上がりました。

地域要求では、「平林地域から新北島地域を走っているシティバスが片側、一方の方向しか運行していないので、利用しずらくなった。」「台風21号の時に、防水シートが役所から配布されいたらしいが、全く情報がなく知らなかった」「大和川の堤防を工事しているが、何の工事をしているか知りたい」など身近な要求がでました。

今の若い人の中で、高額な奨学金の返済に苦しめられていることや非正規労働が増え、年金の保険料などを払えない人が増えていることなどが交流になりました。そんな、若い人たちにも政治は変えられることや日本共産党のことも知ってもらいたいなとなりました。

少人数の集いでは、皆さんが日々どんなことを感じ、どんな願いをもっているか、また共産党のことを知ってもらう本当にいい機会だと感じます。たくさんの地域で、もっと開いていけたらと思います。

集いには、まだ共産党に入っていない方が3人おられたので、私も、来年の参議院選挙、市会議員選挙で、勝利するためにも、ぜひ、入党して一緒に力を合わせたい思いを訴えさせてもらいました。

時間がなかったため、その場でお返事はもらえていませんが、また集いの感想など聞かせてもらいに、お訪ねしたいと思います。