ブログ

『住吉市民病院』の特集が放送されました。

先日MBSのVOICEにて、住吉市民病院についての特集が放送されました。

住吉市民病院が閉鎖されて間もなく1年。地域の小児医療の要となっていた病院は、大阪府と市の二重行政解消の名目で去年、近くの府立病院と統合されました。

しかし、1年経った今もかかりつけの病院を失った地元住民から不安の声は消えていません。

身近な所に安心してかかることができる病院が必要です。二重行政と言って住吉市民病院を廃止した維新市政の責任は重い!

 

↓放送の内容を見ることができます。

■2019年3月5日放送 MBS VOICE 特集記事
『 住吉市民病院閉鎖から1年取り残される小児医療…二重行政解消の余波』