ブログ

日本共産党の集いのご案内

12月22日(土)、午後2時開始

住之江区役所内の住之江舞昆ホールにて、日本共産党の集いを開催いたします。

国会からたつみコータロー参議院議員もかけつけます。

私も皆さんにお話させていただきます。ぜひ、ご参加ください。

区後援会のバスツアーのご案内

10月14日(日)、午前8時半出発、淡路島・洲本温泉、住之江区日本共産党後援会バスツアーが取り組まれます。

私も参加します。ぜひ、気軽に申込ください。

問い合わせは:住之江区委員会事務所まで TEL06-6683-5550

 

北加賀屋5丁目で初めての集い

9月23日、北加賀屋5丁目で初めての集いが開催されました。

96周年記念講演ダイジェストDVDを視聴した後交流。

台風21号の影響で5日間停電して地域から参加してくれた方は「電気が通らないと何もできなくて本当に困った。私の家も周りも屋根が飛んだり壁がはがれたりと大変だった。私は借家だったので家主がすぐに応急措置をしてくれたが、小学生のいる家族は、引越しをしないけといけなくなった」などリアルな被害状況を教えてくれました。また、「地域で被災証明を出してほしいがどうしたらいいか聞かれている」などの質問もあり、「被害状況がわかる写真や身分証明書などを持って区役所で申請できます」とお答えしました。

私からは、「今回の台風21号で被害が出ているときに大阪府と大阪市が災害対策本部を設置しなかったのは、対応として間違っていると思う。被災者支援よりも万博やカジノを優先する政治はおかしい。被災者に寄り添い、災害に強い街づくりをすすめるためにも、来年の4月議会へ送り出していただきたい」とお願いしました。

 もう一つ大きく話題になったのが沖縄知事選挙

娘の夫が沖縄出身だというSさんは、「義理の息子に知事選挙の話をすると、自分の家族や親せきは、子どもや未来のために玉城デニーさんを応援していると話してくれた。」と話してくれました。

その話を聞いて「私の兄弟の子どもが沖縄で暮らしているので、選挙のことはなしてみる」と言ってくれました。

私からも、11日から沖縄へ玉城デニーさんの応援へ行ってきたことも報告をさせてもらい、「今回の選挙は、安倍政権もこの選挙で負けたら政権がもたらにと死に物狂いできている。オール沖縄の力、市民と野党の共闘の力で、玉城デニーさんを知事にしたい。ぜひ、力をお貸しください。玉城デニーさんの勝利で安倍政権を追い詰めましょう」と訴えさせていただきました。

これまで集いに参加されたことがなかった方も参加していただき、地域要求から沖縄の問題まで、たくさんの交流ができてよかったです。

日本共産党を知る集い

後援会会員の方のお宅をかりて、「日本共産党を知る集い」を開きました。

最初に、7月に開かれた「日本共産党96周年記念講演ダイジェスト」をみんなで視聴し、交流しました。

交流では、地域の要求から税金の使い方、子どもや孫の話まで大変盛り上がりました。

地域要求では、「平林地域から新北島地域を走っているシティバスが片側、一方の方向しか運行していないので、利用しずらくなった。」「台風21号の時に、防水シートが役所から配布されいたらしいが、全く情報がなく知らなかった」「大和川の堤防を工事しているが、何の工事をしているか知りたい」など身近な要求がでました。

今の若い人の中で、高額な奨学金の返済に苦しめられていることや非正規労働が増え、年金の保険料などを払えない人が増えていることなどが交流になりました。そんな、若い人たちにも政治は変えられることや日本共産党のことも知ってもらいたいなとなりました。

少人数の集いでは、皆さんが日々どんなことを感じ、どんな願いをもっているか、また共産党のことを知ってもらう本当にいい機会だと感じます。たくさんの地域で、もっと開いていけたらと思います。

集いには、まだ共産党に入っていない方が3人おられたので、私も、来年の参議院選挙、市会議員選挙で、勝利するためにも、ぜひ、入党して一緒に力を合わせたい思いを訴えさせてもらいました。

時間がなかったため、その場でお返事はもらえていませんが、また集いの感想など聞かせてもらいに、お訪ねしたいと思います。

みんなの力で玉城デニーさんを沖縄県知事へ

9月11日から14日まで、沖縄県知事選挙(13日告示、30日投票)の応援に、沖縄県名護市に行ってきました。

日本共産党北部地区委員会の副委員長をされている上野いくこさんは、住之江区で市会議員をされていた上野ひろむさんの娘さんで、2015年の私の市会議員選挙の応援にもかけつけてくれていました。私も、何かお返しがしたいという気持ちもあり、沖縄県知事選挙の応援にかけつけました。

翁長知事の志を引き継ぐ玉城デニーさん

翁長知事は、4年前「オール沖縄」の力で知事に当選されました。この間、翁長知事は、辺野古の新基地建設反対を貫き、政府の強引な基地建設をあらゆる手段を尽くして、抵抗してきました。また、全国知事会で日米地位協定がいかに異常かを知ってもらうため、勉強会を開催。県としてイタリアやドイツに調査団を派遣し、両国では、米軍でも国内法を適用していること明らかにしました。その勉強会を通じて、埼玉の県知事である会長は、『これまで沖縄のことを誤解していた。日米地位協定の異常さがわかった。これは、日本の独立と主権にかかわる問題だ』と話し、知事会として、政府に日米地位協定の改定を求める決議をあげています。

また、翁長知事は、基地に頼らない自立した沖縄をつくるとして、経済振興策をすすめてきました。その結果、沖縄の観光客は1.6倍に伸び、県民所得も増えています。また、県として初めて「子どもの貧困実態調査」に取り組み、さまざまな施策にいかしています。

玉城デニーさんは、「平和で誇りある豊かな沖縄へ」という翁長知事の志を引き継ぎ、新時代の沖縄を目指すとしています。私も、玉城デニーさんの訴えを現地で直接聞かせてもらい、絶対に辺野古に新基地をつくらせない思いや豊かな人も貧しい人もみんなが力を合わせて、良い沖縄をつくりたい熱い思いを感じることができました。

自然豊かな沖縄、美しい海を守りたい

私は、この3日間、宣伝カーを使っての宣伝に取り組みました。名護市は、大阪市全体が収まるぐらいの広大な面積で、3日間をかけて、名護市全域をまわりました。
印象的だったことは、とにかく海も山も自然が豊かなことでした。こんなに美しい海を埋め立てて基地を造ることは到底理解ができないし、今ある米軍基地が沖縄の発展をいかに阻害していることかを実感しました。
直接住民の方のお話する機会は少なかったのですが、多くの方が車から声援を送ってくれたり、家から飛び出してきて手を振ってくれたり、演説をしているときにずっと太鼓を叩いて激励してくれる方など、玉城デニーさんへの熱い思いを実感することができました。

全国から玉城デニーさんへの支援がつよめられています。ぜひ、沖縄県にお知り合い、家族、親せきなどつながりある方がいましたら、玉城デニーさんへの支持をぜひ、お広げください。よろしくお願いいたします。

 

住之江区後援会暑気払い

8月25日、住之江区日本共産党後援会の決起集会&暑気払いが開催されました。私も一言ご挨拶させていただきました。まだまだ、残暑が厳しい中でしたが、去年よりも多い、沢山の方が参加していただき、うれしいかぎりです。各地域後援会からの発言もあり、来年の統一地方選挙、夏の参議院選挙にむけて、意気高い取り組みになりました。後援会では、花見やバスツターなど楽しい取り組みも行い、誰でもご参加いただけます。ぜひ、興味のある方は、気軽にご参加ください。

1 / 1112345...10...最後 »