ブログ

統一地方選挙のご支持、ご支援ありがとうございました。

住吉市民病院廃止問題を考える その2(廃止による影響)

【閉院後の影響】
昨年3月末の住吉市民病院の閉院後は、跡地に市立住之江診療所が開設されましたが外来のみで、出産・入院ができないために市民の皆さんにいろいろな影響がでています。

例えば、昨年6月に府立急性期で出産予定だった南港東に住む妊婦さんが自宅で破水し、自家用車で移動中に救急車がかけつけ車内で出産。無事に出産されて良かったですが、初めての出産で大変不安な思いをされたと思います。

また、重度の食物アレルギーがあるお子さんのおられる家族は、市民病院閉院後、実家がある自治体へ引越しされました。

小児科医師は「発熱や下痢など、ちょっとしたことでも2、3日入院をさせてくれる。そんな病院が必要です」と話されていました。

 

【交通の便の悪さ】
住之江区から府立急性期への直通バス路線は1つしかありません。便数も少なく、時間帯によっては大変混雑します。また、住之江区から住吉区に行くには、南海や阪堺線などの踏切があり、通勤時間などは、踏切がなかなか開かず、時間がかかります。府立急性期へのアクセスの改善は、今すぐ解決しないといけない課題です。

 

【市民への説明は何だったのか?】
1月末に大阪市は、住吉市民病院跡地に整備する新病院の基本構想案を発表しましたが、当初の説明とは違って小児・周産期のベッドは確保されず外来のみとされています。市民の切実な思いは踏みにじられてしまいました。到底許すことができません。

府立急性期のように高度医療を担う病院ももちろん大切です。同時に住民にとって身近なところに気軽に安心してかかることができる病院があることの大事さをあらためて、実感しています。地域のみなさんからは「昔のように総合病院に戻してほしい」との声も寄せられています。

『子どもからお年寄りまで安心して住み続けられる住之江区をつくる』

そのために引き続き頑張りたいと思います。

 

■2019年3月5日放送 MBS VOICE 特集記事
『 住吉市民病院閉鎖から1年取り残される小児医療…二重行政解消の余波』

 

 

4月2日の街頭演説の動画です。

ぜひ、つじい大介の街頭での訴えを聞いて下さい。(スタッフ投稿)

住吉市民病院廃止問題を考える その1(廃止の経緯)

『住吉市民病院』は気軽に安心してかかることができる、市民になくてはならない病院でした。
重症心身障がい児の短期入所の受け入れなどの福祉的な役割も担っていました。
家族の付き添いがなくても子どもの入院を受け入れるなど、一人親や共働きの家族にとっても頼もしい病院でした。

ところが、2012年に地元町会や医師会など、存続を求める運動を起こしたのもむなしく、維新市政が「二重行政のムダ」を理由に廃止を強行してしまいました。

その時、廃止条例に反対したのは日本共産党だけでした。私は「住之江区に日本共産党の議席があれば…」と悔しい思いをしまいした。

大阪市は、この医療機能を『府立急性期・総合医療センター(以下・府立急性期』に全て引き継ぐとしましたが、市民病院のスタッフは府立急性期には移らず、バラバラになってしまいました。

長年にわたってつくられてきた医療機能が「二重行政」のひと言で壊されてしまったことに、悔しさでいっぱいになりました。

 

日本共産党演説会を行いました。

3月15日、住之江区民ホールにて、「日本共産党演説会」が行われました。
大門みきし参議院議員、そして私もお話しさせていただきました。

■経歴について

私は専門学校卒業後、特別養護老人ホームに介護福祉士として勤務していました。その後、日本民主青年同盟大阪府委員会の専従として勤めてきました。

■”住之江くみん応援”わくわくプラン

カジノより子育て・防災を最優先に、”住之江くみん応援”わくわくプランを作りました。その中身を紹介させていただきます。

■住吉市民病院について

住吉市民病院跡地に、小児科・産科のベッドを確保させ、安心して子育てができる住之江区を。
二重行政として住吉市民病院が廃止され、住之江区では小児科・産科を担う病院が一つもなくなってしまいました。
友人も先月、一歳になる子どもが週末に体調が悪くなり、診療所で診てもらったら「大きな病院で検査を」と言われ、かかりつけになっている大阪急性期・総合医療センターに問い合わせましたが「今はベッドが埋まっている」と断られてしまい、結局北区の病院にまで行かなくてはならなくなりました。
そして4日間の入院。24時間の看病。住吉市民病院では付き添いをしなくても入院をすることが出来ましたが、今度の病院ではつきっきりの看病が必要で、本当に大変だったと。
二重行政の解消の名のもとに、地域にとって、住民にとって必要とされている医療が奪われている。これが現実です。
しかし維新市政はこんな現実を全く見ようとしない。住吉市民病院跡地に作る新病院には小児科・産科のベッドはいらないとしています。
住民の願いは「身近なところに安心してかかれる病院を」。
地域医療・小児周産期医療を取り戻していきましょう!

■労働者派遣法について

私は20代の頃から若者の雇用問題に取り組んできました。労働者派遣法が改悪され、若者の中に派遣労働・派遣切りが拡がった時には、ネットカフェやハローワークの前で実態調査を行い、若者の実態や声を集めて府議会や厚労省に届けて、この問題の解決を求めてきました。
当時は若者の中にも「正社員になれないのは自分に能力が足りないから」とか「残業代が出ないのは仕方がない」とあきらめや、自己責任論もありました。
しかし、その後の粘り強い運動、若者の声が社会を動かしてきました。6年前の参院選では、たつみコータロー氏が当選し、厚労省がブラック企業実態調査にとりくんだ時は、やはり日本共産党が伸びれば、政治は動くんだ、社会は変わるんだと実感しました。
わくわくプランの「ブラック企業規制条例」を大阪市に制定し、ブラックな働かせ方をなくしていき、働く人たちの願い・声を政治の場へ届けていきましょう。

■国民健康保険・介護保険について

今、何より政治がしなければならないのは、暮らしを応援することです。高すぎる国民健康保険料・介護保険料を引き下げるプランを出しました。
ある日、いつものように街頭演説をしていると、72歳の男性が歩み寄ってこられ、年金が少なすぎて食べていく事が出来ないので月に80時間パートで働き、医療費が高いから食費は一日500円に抑えているという事、さらに奥様を亡くした時の手術代、医療費、葬儀代等60万円の借金を背負っているというお話をしてくださいました。
今、このような厳しい生活におかれている方は少なくありません。そんな時に、自治体がばく大な税金を使ってカジノなんかをやっている場合ではありません。
これまでも日本共産党大阪市会議員団は、市税の繰り入れを行って国民健康保険料・介護保険料を引き下げることを提案してきました。高すぎる国保料・介護保険料を引き下げましょう。

■災害対策予算について

カジノよりも災害に強いまちづくりを進めたいと思っています。。
去年の台風21号発生時、大阪で唯一住之江区のみ、南港ポートタウンでは1mを超える浸水が起きました。
咲洲地区は、大規模災害が起こればニュートラムが止まる、道路は通行止めになる、そうなれば孤島となってしまいます。
今でもポートタウンには透析を行える医療施設はありません。災害時に住民のみなさんの命を守る医療拠点がどうしても必要です。ポートタウンが出来た時からの住民の願いである総合病院を建設し、誰もが安心して住み続けることができるポートタウン、住之江区を作ることを求めていきましょう。

 

 

「”住之江くみん応援”わくわくプラン」を発表

カジノより子育て・防災最優先に。

「”住之江くみん応援”わくわくプラン」を発表しました。


PDFファイルのダウンロードは下から
住之江区わくわくプランビラ表
住之江区わくわくプランビラ裏

1 / 1212345...10...最後 »