ブログ

日本共産党大阪府委員会がJCP大阪ビラを発表

jcp大阪ビラ 表面

jcp大阪ビラ 裏面 日本共産党大阪府委員会が、新しいJCP大阪ビラを発行。
 「大阪都構想」3つのゴマカシ、ずばり解明しています。
 そして、日本共産党の立場をはっきりしめしています。
 地域で対話をしていても、維新政治への怒りの強さを感じる一方、まだまだ期待や幻想を持っている方いらっしゃいます。このビラも活用して、日本共産党の立場や都構想の中身について、丁寧に説明していきます。
 ぜひ、ビラをごらん下さい。

おおさか1万人のつどい

一万人のつどい(版下縦)_page000111月7日1万人の集い 11月7日、大阪市中央体育館にて、日本共産党演説会、おおさか1万人のつどいが開催されます。
 第二次安倍政権が発足しましたが、この政権がすすめようとしていることは、消費税10%への増税、原発再稼動、国民世論に逆らう暴走政治です。

 つどいでは、集団的自衛権、暮らしと経済、原発、米軍基地問題、大阪での維新政治の問題など、山下芳生書記局長が改革ビジョンをお話しします。

 また、来年いっせい地方選挙に挑戦する候補者も紹介されます。
 ぜひ、気軽にご参加ください。
 

安倍さん橋下さん、もうゴメン!10.8集会

橋下集会 10月8日、エルおおさか・大ホールにて、18時30分開会、「安倍さん橋下さん、もうゴメン!10・8集会」が開かれます。

「住吉市民病院を充実させる市民の会」を代表して、日本共産党住之江区府議会議員選挙の予定候補の松本やすひろさんも舞台で発言します。

 どなたでも参加できる集会ですので、ぜひご参加ください。

「咲洲高校を守る会」が結成されました

9月23日、咲洲高校を守る会が結成されました。
高校のPTA、卒業生、教職員、地元住民の方が参加され、参加者の総意で会の結成となりました。
9月3日、職員や生徒、保護者に説明や意見が聞かれることもなく突然、大阪府教育委員会が、昨年府教委が策定した再編整備計画をもとに、来年度から咲洲高校と池田北高校の募集を停止し、18年度で廃校にする案を発表。

このことに対して、「納得ができない」「何か行動をしたい」と立場の違いをこえてさまざまな方が集まりました。

卒業生からは「中学不登校だった私を、何度も先生が足を運んでくれて、学校に行くようになり、友達もでき卒業することができ、大学までいくことができた。今の自分があるのは、咲洲高校があったから。この話を聞いたとき、仕方ないかと思ったけど、何もしないままいるのはいやだと思い今日は参加しました」

地元住民の方からは「ポートタウンは、小学校、中学校、高校、大学まであるのが自慢。今、街が高齢化していて、どうやって若い人を呼び戻すか議論をしている。そんなときに高校なくすのはおかしい」

最後に、
1つ、11月初旬までに、廃止の撤回を求める請願署名にとりくむ
2つ、大阪府庁のHPに意見のメールをおくる

行動が提起されました。府庁への意見は毎月意見が発表されることになっていて、普段はおおくて数百件、それが数万の規模になれば大変大きな影響を与えるとの事です
http://www.pref.osaka.lg.jp/fumin/fusei_iken/uketuke.html

府立池田北高校・咲洲高校の廃校計画撤回を求める請願書

住吉市民病院を充実させる会が新しいビラを発行しました

市民の会ビラ表 市民の会ビラ裏住吉市民病院を充実させる市民の会が新しいビラを発行しましたので紹介します。
 民間病院の再公募にあたっては、これまでの公募基準を引き下げることは許されないことや民間病院の誘致ができない場合は、現地での市民病院の建て替えを求める内容になっています。
 市民の会では、9月25日午後2時から市役所にて病院局との懇談を予定しています。ぜひ、皆さんの声もお寄せください。

区民の足を守ってください!

住之江区民の足を守る会が結成されました。2013年4月に赤バスが廃止。市バスも路線や便数が縮小されています。住之江区では、赤バスの代替として福祉バス(サザピー号)が運行されていますが、住民の赤バスの代わりにはなっていない状況です。
ある地域では、病院に行くのにタクシーに乗り合せていっているという状況になっています。
会として、住之江区長に赤バスの復活や市バスの路線や便数の拡充、福祉バスの充実を求めて署名を集めることになりました。
ぜひ、ご協力ください。バス要望署名